1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング体験「Hour of Code Japan 2017」に4万2000人が参加

2018年1月16日

プログラミング体験「Hour of Code Japan 2017」に4万2000人が参加

みんなのコードは15日、昨年12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に全国各地で実施した子ども向けプログラミング体験イベント「Hour of Code Japan 2017~社会みんなで実現する全国プログラミング!~」に、合計4万2000人が参加したと発表した。

d15742-20-508360-4昨年12月4日~9日に全国各地の小学校や各種子ども向け施設で開催されたプログラミング体験イベントでは、プログラミング初心者の小学校1~6年生が「Hour of Code」を活用したプログラミングを体験、マインクラフトやディズニーランドのキャラクターなどと一緒に楽しくプログラミングを学んだ。

さらに、フィナーレイベントの行われた10日には、メイン会場となった日本マイクロソフト品川本社に、小学校1~6年生とその保護者100組200名が集合。小学生を対象にプログラミング入門ワークショップが実施され、プログラミングそのものだけでなく、実社会でどのようにITが役立っているかが説明された。また、保護者を対象とした「ネットセキュリティ」に関するセミナーが開催され、保護者が知っておくべきセキュリティ問題やその対策方法などについて解説が行われた。

また、みんなのコードでは、同期間中に日本国内でインターネットを通じて「Hour of Code」の無償プログラミング教材を使用した人は、合計7万2000人に上るとしている。

関連URL

Hour of Code

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録