1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング体験「Hour of Code Japan 2017」に4万2000人が参加

2018年1月16日

プログラミング体験「Hour of Code Japan 2017」に4万2000人が参加

みんなのコードは15日、昨年12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に全国各地で実施した子ども向けプログラミング体験イベント「Hour of Code Japan 2017~社会みんなで実現する全国プログラミング!~」に、合計4万2000人が参加したと発表した。

d15742-20-508360-4昨年12月4日~9日に全国各地の小学校や各種子ども向け施設で開催されたプログラミング体験イベントでは、プログラミング初心者の小学校1~6年生が「Hour of Code」を活用したプログラミングを体験、マインクラフトやディズニーランドのキャラクターなどと一緒に楽しくプログラミングを学んだ。

さらに、フィナーレイベントの行われた10日には、メイン会場となった日本マイクロソフト品川本社に、小学校1~6年生とその保護者100組200名が集合。小学生を対象にプログラミング入門ワークショップが実施され、プログラミングそのものだけでなく、実社会でどのようにITが役立っているかが説明された。また、保護者を対象とした「ネットセキュリティ」に関するセミナーが開催され、保護者が知っておくべきセキュリティ問題やその対策方法などについて解説が行われた。

また、みんなのコードでは、同期間中に日本国内でインターネットを通じて「Hour of Code」の無償プログラミング教材を使用した人は、合計7万2000人に上るとしている。

関連URL

Hour of Code

自己効力感を高め苦手意識を克服 明秀学園日立高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • ICT授業を止めない、快適なネットワーク環境づくり! ~withコロナ時代に先進学校から学ぶ~ 会期:2020年11月10日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛:FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス