1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. マイクロソフト、今年も「Hour of Code」を世界中でサポート

2017年12月6日

マイクロソフト、今年も「Hour of Code」を世界中でサポート

マイクロソフトは5日、12月4日から10日にかけて、世界中の子どもたちがプログラミングの基礎を学ぶコンピューターサイエンス教育週間「Hour of Code」のサポートを今年も開始、取り組みは今年で3年目となると発表した。

minecraft-779x389「Hour of Code」は、コードへの理解を深めるコンピューターサイエンスの1時間の入門コースとして始まったグローバルなムーブメント。パートナーが提供する無料のチュートリアルによって、教育者と教育機関が学生にコーディングの基本を経験してもらうための機会。

マイクロソフトは、各地域の非営利団体や学術界との協業でさまざまなイベントを通じて、 「Hour of Code」を実施。あらゆる学生に対してプログラミングの知識を提供している。

今年は、未来に向けたデジタルスキルの習得に主要なフォーカスが当てられており、認知度の向上や経済的機会を得るために不可欠な基本的STEMスキルの習得を中心とした活動が行われている。

日本マイクロソフトでも、11月27日に「Hour of Code」を開催したいと考えている人に講師向けのワークショップを開催し、同社が培っていたノウハウを解説。

また、12月7日と8日に、東京・中野区立北原小学校、東京都立鹿本学園、府中けやきの森学園に日本マイクロソフトの社員が訪問し「Hour of Code」を開催する。

さらに、12月10日には、Code.orgの日本国内認定パートナー「みんなのコード」が主催する「Hour of Code Japan 2017フィナーレイベント」にコンテンツやサポートスタッフ、機材や会場提供で参加する。

同イベントは、全国7都市(北海道、宮城、群馬、東京、愛知、大阪、宮崎)の連携会場で同時開催するほか、東京会場の様子をインターネット配信する予定。

関連URL

Hour of Code Japan 2017フィナーレイベント

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス