1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「Hour of Code 夏休み1万人プログラミング」オープニングは前原小で7月

2016年6月23日

「Hour of Code 夏休み1万人プログラミング」オープニングは前原小で7月

みんなのコードは、文部科学省が発表した小学校でのプログラミング教育の必修化を前に、全国100校1万人を対象に「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」の夏休みスペシャルイベントの全国無料キャラバンを行うプロジェクト「Hour of Code 夏休み全国 100 校 1 万人プログラミング」を7月から8月末までの間に実施する

minna

「Hour of Code Japan 夏休み全国100校1万人プログラミング」では、7月23日に東京都小金井市立前原小学校でのオープニングイベントを皮切りに、8月末までの約1カ月間、全国の学校100校で、小学生から始められるプログラミング入門教育のプロジェクト「Hour of Code」を体験することのできるイベントを実施する。

イベントでは、教師たちがまずはエンジニアや学生等のボランティアからプログラミング教材について教え方を学習した後に、ボランティア・子ども達と共にプログラミング体験会を行う。また、このイベントは全国の学校へ無料で行うもので、開催を希望する学校を募集している。

オープニングの会場となる小金井市立前原小学校の松田 孝校長は、「世界的なプログラミング普及運動である Hour of Code の日本国内のオープニングを当校で開催する縁ができ嬉しく思っております。2020年度の小学校でのプログラミング必修化に向け、プログラミング教育の環を一緒に広げられたらと考えております。プログラミングを通して21世紀を拓く新しい“学び”を学校現場から創造していきましょう!」とコメントしている。

「Hour of Code Japan 夏休み全国 100校1万人プログラミング」開催概要

期 間:2016 年 7 月 23 日(土)~2016 年 8 月 31 日(水)
対 象:全国100校1万人のこどもたち、教員
参 加 費:無料
内 容:各校の教員・生徒を対象に Hour of Code のチューターと共にプログラミングを学ぶ。チューターには、協賛企業の現役エンジニア、大学生やプログラミング教育最前線に立つメンバーが参加する。
応募申込

オープニングイベント概要

日 時:2016 年 7 月 23 日(土) 10 時-17 時(時間は予定)
場 所:小金井市立前原小学校
参加対象:小金井市及び近隣の小学校の児童、保護者、教員、ボランティア
内 容:最新テクノロジー体験会にて児童がコンピューターにより出来ることの可能性を実感した後、児童がプログラミング学習のワークショップに参加。その後、大手 IT 系企業による先生向けのプログラミング指導者研修会を実施予定。
参加申込

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス