1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. みんなのコードが全国1万人参加の「Hour of Code」を5月5日開催

2016年4月12日

みんなのコードが全国1万人参加の「Hour of Code」を5月5日開催

みんなのコードは、小学生から始められるプログラミング入門教育のプロジェクト「Hour of Code」(アワー・オブ・コード)のこどもの日スペシャルイベントとして、東京会場を中心に全国で1万人のこどもたちが一斉にプログラミングをするイベント『Hour of Code Japan こどもの日 1万人プログラミング』を5月5日に開催する。

main

日本国内におけるコンピューターリテラシーの必要性は年々高まっており、ICT教育等に注力する教育機関や自治体の取り組みは増えつつある一方で、子どもたちがコンピューターの内面にプログラミング等で触れる機会はまだまだ少ないのが現状。

みんなのコードは、2013年にアメリカで始まった小学生から始められるプログラミング入門教育のプロジェクト「Hour of Code」の日本国内における認定パートナー団体として2015年に発足し国内での本格展開を実施している。日本の将来を担う子ども達にプログラミング体験を通して、コンピューターにより一層興味を持ってもらえるよう、5月5日こどもの日に1万人がプログラミングできるプロジェクトを実施する。

開催概要

日  時:2016年5月5日(祝)こどもの日 13:30~16:00予定
会  場:
<メイン会場>日本マイクロソフト本社
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
<連携会場>全国約100カ所
ヤフー、ディー・エヌ・エー、CA TechKids、Qremo、STAR Programming SCHOOL等
<各一般家庭>自宅からのオンライン参加が可能
※イベント中、メイン会場から連携会場、一般家庭へニコニコ生放送で中継。
参加費:無料(一部連携会場により異なる)
参加対象:主にプログラミング初学者の小学1~6年生、一般応募形式
参加人数:メイン会場(東京)約200名/連携会場 全国各地5名~150名規模/各自宅 1~4名程度

関連URL

Hour of Code こどもの日スペシャルイベント

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス