1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. みんなのコード、「Hour of Code」に合わせ啓発活動

2018年11月20日

みんなのコード、「Hour of Code」に合わせ啓発活動

みんなのコードは、12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に全世界で実施されるプログラミング教育推進運動「Hour of Code」に合わせ、日本国内におけるテクノロジー教育への関心を高める啓発活動「What will you create? (あなたは何を創る?)」を実施する。

1120-mc具体的には、未来を担う子どもたちにとって「Creativityはどれほど大きな資産になるうるのか?」をテーマに、同活動に賛同したIT関連企業の関係者や著名人のビデオメッセージを11月19日以降、公式YouTubeに順次公開していく。

なお、「Hour of Code」発祥の地である米国では、Microsoft創始者のビル・ゲイツ氏やFacebook COOのシェリル・サンドバーグ氏をはじめ、IT業界の著名人が動画を通して同活動に賛同・参加しているという。

さらに、12月3日~9日の「Hour of Code」期間中には、全国で開催される各種プログラミング体験イベントや授業を積極的に支援していく。また12月10日には、「みんなのコードパートナー企業CSR取り組み報告会」と題して、次世代教育に関する各パートナー企業の社会貢献の取り組みを報告する。

同活動に賛同した保護者や教育関係者は、キャンペーンPR動画や著名人からのメッセージ動画をシェアするとともに、「Hour of Code」ページに載っているコースを自身や子どもと体験し、その様子をハッシュタグ#HourOfCodeJPを添えてSNS上に投稿したり、「Hour of Code」を使ったプログラミングイベントを開催したりすることで参加できる。

関連URL

Hour of Code

「Hour of Code」公式YouTubeチャンネル

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス