1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. みんなのコード/「Hour of Code」展開のため教員向けプログラミングワークショップを開始

2015年10月15日

みんなのコード/「Hour of Code」展開のため教員向けプログラミングワークショップを開始

みんなのコードは、世界的なプログラミング教育推進運動「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」の日本での展開を推進するため、教員向けに「プログラミングワークショップ開催支援研修」の提供を24日から開始すると発表した。

「Hour of Code」には2014年までに6000万人が参加

「Hour of Code」にはこれまで6000万人が参加

「Hour of Code」は、米国の「Code.org(コード・ドット・オルグ)」が展開するプログラミング教育推進運動。毎年12月の「コンピュータサイエンス教育週間」に開催され、180カ国以上でプログラミング教育のイベントが実施されている。

「プログラミングワークショップ開催支援研修」では、学校教員などを対象に、学校でプログラミングワークショップを開催するためのノウハウを提供する。

「Hour of Code」のプログラミング学習教材の活用方法や、ワークショップの進行方法、プログラミング教育の持つ効果などについて、現役エンジニアなどが研修を実施。参加にはプログラミングの経験は問わない。

概要

募集期間:2015年10月14日(水)~11月30日(月)
研修期間:2015年10月24日(土)~12月上旬
開催地 :東京、大阪、名古屋、札幌、福岡
対  象:小中高のプログラミング教育入門に興味のある教員など
詳  細

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス