1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. みんなのコード、「Hour of Code」で「コンピュータサイエンス教育」の普及活動

2019年12月4日

みんなのコード、「Hour of Code」で「コンピュータサイエンス教育」の普及活動

みんなのコードは3日、12月9日~15日の「Computer Science Education Week(コンピュータサイエンス教育週間)」に合わせ、米国「Code.org(コードオルグ)」が主催するグローバルキャンペーン「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」を、日本国内認定パートナーとして、日本全国の活動を推進する、と発表した。


今年度のキャンペーンテーマは、「CSforGood(=Computer Science for Good、世の中をよくするコンピュータサイエンス)」。

国連の持続可能な開発目標(SDGs)に定められている「世界を変えるための17の目標」に代表されるような身近な問題を解決するアプリを作ったり、データサイエンスを活用するなど、世の中に対してプラスの影響を与えるためにコンピュータサイエンスを活用する、子どもたちの芽を積極的に応援していく。

みんなのコードは、コンピュータサイエンス教育週間の1週間、Hour of Codeの具体的な活動として、まず、Code.orgによる公式情報や、日本ではまだ馴染みの薄い、SDGsに関するコンピュータサイエンス教育の事例などを、Hour of Code公式ウェブサイトやSNSを通じて、情報発信していく。

また、日本国内でのHour of Codeの活動主旨に賛同する活動や、関連するSNSの投稿を、公式ウェブサイトやSNS(Facebook、twitter)を通じて、全国に紹介。

さらに、企業・個人を問わず、Hour of Codeに関連した取り組みを実施する際の支援を行う。必要に応じて、Hour of Codeのワークショップの実施マニュアルや修了証、オリジナルステッカーなども提供。

毎年12月に開催されるHour of Codeのグローバルキャンペーンには、全世界で約5億人の児童・生徒が参加。

日本では、みんなのコードが音頭をとり、IT関連をはじめとする民間企業・団体、学校関係者、教育委員会、非営利団体などと連携しながら、イベントを盛り上げる。

関連URL

「Hour of Code」

みんなのコード

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス