1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」、大阪市の大谷中高が導入

2018年1月17日

授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」、大阪市の大谷中高が導入

MetaMoJiは16日、同社のリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、大阪府大阪市の大谷中学校・高等学校に導入されたと発表した。

0117-mmj
大谷中高は、生徒の進路や個性に合わせたコースを設置。グローバル人材の育成をめざす「凜花コース」で、2016年度にタブレットを導入した。

「MetaMoJi ClassRoom」を活用し、紙のプリントによる配布物を減らしてデジタル化を進める一方で、リアルタイムの情報共有は生徒同士や生徒と教師間で、新たなコミュニケーションを生み出している。紙ベースではむずかしい、デジタルならではの良さを活かすべく「MetaMoJi ClassRoom」が活用されているという。

「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容に合わせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリ。小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援する。

大谷中学校・高等学校 導入事例

関連URL

MetaMoJi ClassRoom

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録