1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. GPIO装着済みの「Raspberry Pi Zero WH」今月末に発売

2018年1月17日

GPIO装着済みの「Raspberry Pi Zero WH」今月末に発売

ケイエスワイは、1月12日にラズベリーパイ財団から発表された、Raspberry Piシリーズの入門モデル「Raspberry Pi Zero WH」の取り扱いを決定、今月下旬の発売開始を予定している。価格は税込で1809円。

0117-lp

Raspberry Pi Zero WH

Raspberry Pi Zero WHは、販売中の入門モデルRaspberry Pi Zero Wをベースに、GPIOを実装(はんだ付け)したマイナーチェンジモデル。 Raspberry Pi Zero Wからの性能、機能的な変更はないが、Raspberry Piシリーズの特長であるGPIOが実装済となった。

年少の子どもや、学校などの教育現場でも、より安全で手軽にRaspberry Piを最大限活用できるようになった。

Raspberry Pi Zero WHは、購入数量の制限、用途の制限を行わずに販売する。既存モデルのRaspberry Pi Zero Wは、Raspberry Piシリーズへの「入り口」というアカデミック版的位置づけのため、個人には一人1点と制限して販売していたが、 Raspberry Pi Zero WHは、他のRaspberry Pi製品と同様に、制限なく販売する。

AIスピーカーやIoTシステムの自作などのパーソナルユースから、教育現場での教材活用、製品への組込などのビジネスユースまで、多くのRaspberry Piを必要とするプロジェクトを、より安価に実現する。

関連URL

KSY

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! CHIeru 無料体験版はこちら
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録