1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、野田塾の次世代型個別指導コース「新個別プラス」が導入

2018年2月6日

すららネット、野田塾の次世代型個別指導コース「新個別プラス」が導入

すららネットは6日、同社が開発・展開するクラウド型学習システム「すらら」が、野田塾に導入され、 2018年3月から次世代型個別指導コース「新個別プラス」に活用されると発表した。

60余年の歴史を有する野田塾の愛知県全域51校舎において、「すらら」を活用した『新個別プラス』を新たなコースとして立ち上げることとなったのは、今までできなかったきめの細かい個別のサポートを行うため。

野田塾では、2014年9月から中学生を対象に独自のタブレット端末「nPad」を提供。 現在までに累計17万台の「nPad」を供給するなど、学習塾業界の中でも先進的なICT教育の取り組みを行なっていru。

これまでも「nPad」を活用して、予習動画による反転授業をはじめ、難問解説動画、英語のリスニング・スピーキング対策、定期試験対策、成績管理などを行ってきた。この度、 これまでの取り組みに加え新たに「すらら」も活用し、ICTでできることはICTが行い,人間である講師にしかできない部分に時間と情熱を傾注する『新個別プラス』を立ち上げることになった。

オンライン学習教材「すらら」は、ゼロから学べるアニメキャラクターによる説明と、 集中を切らさないインタラクティブな工夫により、初めて学ぶ単元でも自学自習で基礎学力の定着を図ることが可能。

生徒の学力に応じた問題を出題するアダプティブ・ラーニングの機能や、生徒の学習状況をリアルタイムで確認し、生徒一人ひとりに学習の設計、管理、フォローをきめ細やかに行う機能などがあるため、講師は学力が異なる複数の生徒の学習管理が可能となる。

関連URL

野田塾

すららネット

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス