1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ゼッタリンクス×野田塾、タブレット用学習進捗クラウドを共同開発

2018年5月9日

ゼッタリンクス×野田塾、タブレット用学習進捗クラウドを共同開発

ゼッタリンクスは、野田塾とともに、定期試験対策のための学習計画をToDoリストで一元管理し、生徒の学習進捗をひと目で把握できるタブレット用学習進捗クラウドサービス「学びトレック」を共同開発したと発表した。

「学びトレック」の全体像

「学びトレック」の全体像

野田塾では、定期試験対策サービス「Plan&DO(プラン・アンド・ドゥー)」の名称で、中学生約1万人を対象に4月から本格運用している。

創立以来60年以上の歴史がある野田塾は、愛知県下に64校舎を擁し、およそ1万人の生徒が通う塾。

2014年から独自の学習タブレット「nPad」を1人1台提供しているが、今回、「nPad」を有効活用して学習計画と学習進捗管理をICTで一元管理するために、ゼッタリンクスと共同で「学びトレック」を開発した。

「学びトレック」では、まず生徒自身が目標を設定。講師は学校ごとに異なる試験範囲に合わせた学習計画をTodoリスト化し、学習タブレットに自動配信する。

生徒は、配信されたToDoリストに則って試験対策の学習を進めることができ、苦手な課題や弱点については克服できるまで何度でも学習することができる。

講師側では、生徒の学習進捗状況をひと目で把握でき、1人ひとりに合わせたキメ細かなフォローと弱点克服のためのアドバイスができる。

ゼッタリンクスでは今後、このサービスを「学びトレック」として塾や私立学校、その他の教育機関に対して本格的に営業展開していく方針。

関連URL

ゼッタリンクス

野田塾

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス