1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ゼッタリンクス×野田塾、タブレット用学習進捗クラウドを共同開発

2018年5月9日

ゼッタリンクス×野田塾、タブレット用学習進捗クラウドを共同開発

ゼッタリンクスは、野田塾とともに、定期試験対策のための学習計画をToDoリストで一元管理し、生徒の学習進捗をひと目で把握できるタブレット用学習進捗クラウドサービス「学びトレック」を共同開発したと発表した。

「学びトレック」の全体像

「学びトレック」の全体像

野田塾では、定期試験対策サービス「Plan&DO(プラン・アンド・ドゥー)」の名称で、中学生約1万人を対象に4月から本格運用している。

創立以来60年以上の歴史がある野田塾は、愛知県下に64校舎を擁し、およそ1万人の生徒が通う塾。

2014年から独自の学習タブレット「nPad」を1人1台提供しているが、今回、「nPad」を有効活用して学習計画と学習進捗管理をICTで一元管理するために、ゼッタリンクスと共同で「学びトレック」を開発した。

「学びトレック」では、まず生徒自身が目標を設定。講師は学校ごとに異なる試験範囲に合わせた学習計画をTodoリスト化し、学習タブレットに自動配信する。

生徒は、配信されたToDoリストに則って試験対策の学習を進めることができ、苦手な課題や弱点については克服できるまで何度でも学習することができる。

講師側では、生徒の学習進捗状況をひと目で把握でき、1人ひとりに合わせたキメ細かなフォローと弱点克服のためのアドバイスができる。

ゼッタリンクスでは今後、このサービスを「学びトレック」として塾や私立学校、その他の教育機関に対して本格的に営業展開していく方針。

関連URL

ゼッタリンクス

野田塾

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス