1. トップ
  2. データ・資料
  3. 中学⽣の4〜6割が毎⽇1時間以上ネットを利⽤、モバイル社会研調べ

2018年2月27日

中学⽣の4〜6割が毎⽇1時間以上ネットを利⽤、モバイル社会研調べ

NTTドコモ モバイル社会研究所は26日、「スマホ・ケータイでインターネットをする時間(ブラウザでの検索、映像の視聴、オンラインゲーム、LINEの利⽤を含む)」などの調査結果をまとめ発表した。

img_kodomo01同調査は、関東1都6県の⼩中学⽣とその保護者500組を対象に、2017年10月に面接で実施したもの。

それによると、⾼学年になるほどインターネット利⽤時間が⻑くなる傾向があり、中学⽣になると4~6割がスマートフォン・ケータイで毎⽇1時間以上インターネットを利⽤していたことが分かった。

中学生で「毎日4時間以上」ネットを利用している生徒も、1年生で6%、2年生16%、3年生で10%いた。

子どものICT機器利用で期待する効果を聞いたところ、「情報機器の使いこなし」や「知識の幅の広がり」と答えた保護者が約7割に達した。

また、⼩中学⽣の⼦どもを持つ保護者に、⼦どもが利⽤しているスマートフォン・ケータイの種類を聞いた調査では、概ね3割の⼩学⽣がスマートフォンを利⽤し、中学1年⽣になるとスマートフォン利⽤率が8割程度まで拡⼤。中学2年生では69%、3年生では79%がスマートフォンを利用していた。

一方、子どものスマートフォン所有率、SNSの利用状況、親子で決めているスマートフォンのルールに関する調査によると、15歳で約7割、12歳でも2割がスマートフォンを所有していた。

また、10代後半の約8割がLINEを利⽤。Instagramは若年⼥性を中⼼に利⽤が多いことが分かった。

さらに、10⼈に8⼈は親⼦間でスマートフォンのルールを決めており、最も多かったルールは「⾷事中に利⽤しない」というものだった。

関連URL

子どものICT利活用の検討No.1

子どものICT利活用の検討No.2

子どものICT利活用の検討No.3

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス