1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの7.3%、保護者の18%がサイバー犯罪のトラブルを経験、トレンドマイクロ調べ

2018年12月27日

子どもの7.3%、保護者の18%がサイバー犯罪のトラブルを経験、トレンドマイクロ調べ

トレンドマイクロは26日、「子どもと保護者のスマートフォン利用に関する実態調査2018」の結果をまとめ発表した。

TrendMicro20181226_01それによると、スマートフォンやインターネット利用時に、子どもの7.3%が不正アプリ、フィッシング詐欺、架空請求、不正ログイン、有害サイト閲覧などのサイバー犯罪のトラブルを経験していた。また、保護者は18%がサイバー犯罪のトラブルを経験。

子どもが安全・健全にスマートフォンやインターネットを利用するために、76.7%の保護者が家庭で子どもにセキュリティ教育を実施していた。

自身がサイバー犯罪のトラブル経験がある保護者の82%が家庭でセキュリティ教育を行っているのに対し、サイバー犯罪のトラブル経験がない保護者は75.5%だった。

また、許可をとらずに画像をインターネット上に公開した、他人を誹謗中傷したなどのモラルや意識に起因するトラブルを、子どもの約4人に1人(23.5%)が経験。

SNSに投稿した写真が勝手に加工・悪用されるトラブルに関して、どういったトラブルなのかをよく知っている保護者は全体のわずか33.7%。多くの保護者がSNSの写真投稿に関してどのような問題が起こる可能性があるか理解していない実態が浮き彫りになった。

同調査は、スマートフォンを利用している子ども(小学4〜6年生)がおり、自身もスマートフォンを利用している保護者618人を対象に、今年6月28日〜29日にかけてWebアンケートで実施したもの。

関連URL

詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • ICT導入&活用公開セミナー 全国各地で開催中 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス