1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 自転車ながらスマホ、歩行者の見落とし率が「通常」より5割増加

2018年3月22日

自転車ながらスマホ、歩行者の見落とし率が「通常」より5割増加

京都府、KDDI、au損害保険の3者は20日「ながらスマホ」をしながら自転車走行した場合の危険性を検証する実証実験の結果をまとめ発表した。

同実験は、愛知工科大学の小塚一宏名誉・特任教授監修のもと、UNN関西学生報道連盟 (京都大学、同志社大学、立命館大学、京都女子大学他) の協力を得て実施。

2月24日に京都府庁で、京都府を含む関西在住の大学生11人を被験者として、スマートフォンのメッセージ画面を操作しながら自転車を走行した場合、スマートフォンに視線が集中することで、自転車ながらスマホの危険性にどの程度影響するか検証した。

走行ルートイメージ図

走行ルートイメージ図

その結果、歩行者の通行の見落とし実験では、横切る歩行者4人に対して視線が向けられなかった回数を被験者9人で平均すると、通常時「1.33」回に対し、ながらスマホ使用時は「2回」、ながらスマホ使用+イヤホン装着時は「1.56回」となった。

つまり、自転車ながらスマホ走行時は、歩行者の見落とし率が「通常」より5割も増えた。

また、歩行者を認識するまでの反応時間の実験では、通常時1.00秒に対し、ながらスマホ使用時は1.67秒、ながらスマホ使用+イヤホン装着時は1.42秒に遅れた。

さらに、歩行者を注視する時間では、通常時に比べ、ながらスマホ使用時は23%、ながらスマホ使用+イヤホン装着時は22%にそれぞれ減少した。

□ 実証実験結果をまとめた動画

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング 他多数 Classi IDで利用可! まずはトライアル
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス