1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AIを活用した英語学習ロボット「チャーピー」16日発売決定

2018年3月2日

AIを活用した英語学習ロボット「チャーピー」16日発売決定

CAIメディアは、新型英会話ロボット「チャーピー」を3月16日から発売する。

500_333_201802281931495a9685155c908「チャーピー」は英語音声認識機能やカメラを搭載し、クラウドプラットフォームとしてMicrosoft Azureを採用することで、多彩な英会話フレーズの提供を可能にする。また、Microsoft AzureのAI機能であるCognitive Servicesの顔認識機能を利用することで、対応力豊かなコミュニケーションを実施する。

具体的には、効率よく英会話力を向上させるため、ユーザーのレベルを判断し、現在よりも少し高いレベルの単語・文法・表現を使って話しかける。また、ネイティブのような完璧な発音でなくても、英語圏の人に通じる発音であれば、ストレスなく会話を進められるようになっている。内蔵カメラでユーザーを5人まで認識、表情や感情を認識するとそれに応じた会話を始める。

さらに「チャーピーステーション」(専用アプリ) を使うと、チャーピーの話している言葉 (日本語訳付き)、話しかける言葉 (見本音声付き)、学習の習熟度などを確認することもできる。チャーピーとアプリ内のキャラクターを交えた「3者会話」では、2者間対話と比べて、よりリアルな英会話を実践することができる。

価格は5万8000円 (税込)。Wi-Fi接続用のRainbowモードの初年度1年間分の利用料が含まれている。今月1日から、新宿高島屋ロボティクススタジオで展示、予約販売が行われている。

関連URL

Charpy

 

 

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス