1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子どもがロボット・プログラミングする写真をTwitterで大募集

2018年4月2日

子どもがロボット・プログラミングする写真をTwitterで大募集

アフレルは、子どもがロボット・プログラミングする写真をTwitterで募集する「WeDo2.0フォトシェアキャンペーン」を、3月29日~5月10日まで開催している。

0402-afl写真のテーマは「わくわく」。家庭で取り組める5歳からのプログラミング教材「レゴWeDo2.0」を、子どもが「わくわく」楽しんでいる様子が伝わる写真であれば、家庭、ロボット教室、ワークショップなどシーンは問わない。ロボットの出来映えも問われない。

また、子どもの顔が写真に写っていなくてもOK。保護者など大人が一緒に写っている写真でも大歓迎だという。

応募方法は、まず、アフレルホームスクーリング公式Twitterアカウント(@afrel_forhome)をフォロー。次いで、「わくわく」が伝わる、WeDo2.0と子どもの写真を撮影。そして、「#WeDo2」「#わくわく」2つのハッシュタグを入れてTwitterに投稿し、投稿ページに掲載されたらエントリー完了。

賞品は、「レゴ WeDo2.0 基本セット」2人、「科学探査機マイロ・ミニマスコット」5人、「マックス&ミア・ミニフィグ」5人、「レゴエデュケーション・オリジナルノート」5人。

なお、4月10日までは、「レゴ WeDo2.0 for home byアフレル」にワークマットやミニマスコットなど期間限定の購入特典がついてくる「春の応援キャンペーン」も実施中。

関連URL

写真募集キャンペーン

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス