1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 福岡教育大附属福岡小のプログラミング公開授業にアフレルが特別登壇

2018年2月9日

福岡教育大附属福岡小のプログラミング公開授業にアフレルが特別登壇

アフレルは、17日に開催される福岡教育大学附属福岡小学校の「平成29年度教育研究発表会」、「学びのデザイン(公開授業)2」において、特別支援教育でのロボット・プログラミング教材の実践発表でゲストティーチャーを務めると発表した。

使用教材 レゴ WeDo2.0

使用教材 レゴ WeDo2.0

同公開授業は、「説明書を読みロボットを動かして遊びたいという意欲をもつことができる」、「ロボットを動かすために『○○の横に□□を並べる』といった文を説明書から読み取ることができる」、「説明書の文の意味を理解することができる」ことが目標。

使用する教材は、ブロックを組み立て、専用ソフトウェアでプログラミングし動かすことができる「レゴWeDo2.0」。子どもたち自身が自分のロボットを作り、楽しみながらモノづくりやプログラミングを学ぶことができる。モーターやセンサーを活用することで、様々な動きを実現できる。

公開授業の概要

開催日時:2月17日(土)9:45~10:30
授 業:特別支援 国語「よんでつくってあそぼう」

関連URL

レゴ WeDo2.0 製品紹介

教育研究発表会の詳細(PDF)

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! CHIeru 無料体験版はこちら
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録