1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. サイバーエージェントの「AI Lab」、大阪大学との共同研究で実証実験

2018年4月19日

サイバーエージェントの「AI Lab」、大阪大学との共同研究で実証実験

サイバーエージェントの人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」と、大阪大学基礎工学研究科石黒浩教授との共同研究講座は、東急不動産ホールディングスとの共同プロジェクトとして、ホテルにおける人型ロボットを活用した実証実験を3月19日から実施し、18日に第1回の実験結果を発表した。

000同プロジェクトでは、人型ロボットによるホテル宿泊客への接客を実現するために、東急ステイ高輪を検証施設とし、卓上型対話ロボットの「CommU (コミュー)」と「Sota (ソータ)」を使った接客実験を、3月19日から30日までと4月16日から27日までの2回に分けて行っている。すでに1回目の実験が終了し、現在は2回目の実験が実施されている。

実証実験の狙いは、実際のホテル環境において、ロボットがどのような場所でどのようなふるまいをすれば人に受け入れられるのか、また、ロボットが提供する情報を人が取り入れやすくなるのかについての知見を獲得すること。

1回目の実験を終えた結果、「ロボットに積極的にいてほしいわけではないが、いる分には威圧感はなく、むしろ楽しい気分になる」ことが示されたという。これは、ホテルという空間においても、「人に対し積極的に話しかけるロボットの存在は自然に受け入れられる」ということが確認されたものとしている。

今後の実証実験では、ディープラーニングによる画像認識技術や無線端末による個人識別技術などを使って、人型ロボットが顧客に対し個人の属性や状況に適した案内をしたり、間をつなぐ雑談を行うなど、これまでよりも深いコミュニケーションをホテルのあらゆるシーンにおいて検証する。それにより、どのような相互コミュニケーションであれば人はロボットが提供する情報を受け入れやすくなるのかについて調査と研究を進めていくとしている。

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
総務省プログラミング普及事業 発表会動画 全28本掲載
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録