1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通、理化学研のAI計算機システムを国内最大規模に増強

2018年4月23日

富士通、理化学研のAI計算機システムを国内最大規模に増強

富士通は20日、理化学研究所のAI(人工知能)研究拠点「革新知能統合研究センター」に2017年に納入したAI研究用計算機システム「RAIDEN(Riken AIp Deep learning Environment)」の設備を国内最大規模に増強したと発表した。

増強した「RAIDEN」は、総理論演算性能(半精度浮動小数点演算時)が当初の4ペタフロップス(PFLOPS)から、国内最大規模となる54PFLOPSへと大幅に向上。革新知能統合研究センターでは、4月から同システムの稼働を開始している。

AI研究、特にディープラーニングの最前線では、より複雑な特徴を捉えて精度などを向上するため、「ニューラルネットワーク」と呼ばれる機械学習手法が大規模で行われており、計算量が急激に増大している。

同センターは、「RAIDEN」を活用したAI研究のさらなる促進と研究開発の効率化、今後の活用ニーズの拡大を見据え、今回の増強を実施したという。

具体的には、ディープラーニングに特化したGPUサーバとして、NVIDIA Tesla P100アクセラレーター搭載のNVIDIA社「DGX-1」を、最新のNVIDIA Tesla V100アクセラレーターに改修。

また、「DGX-1」を24台から54台に増設することで、54 PFLOPSの演算性能を達成。

さらに、汎用性の高い処理が可能な計算クラスタサーバとして、PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M2」32台に加えて、「FUJITSU Server PRIMERGY CX2550 M4」64台を新たに導入した。

大容量データを扱う計算サーバとして「FUJITSU Server PRIMERGY RX4770 M4」1台も追加した。

関連URL

富士通テクニカルコンピューテイング

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス