1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本郵便、凸版印刷の「多言語翻訳アプリ」を窓口サービスで導入

2018年4月26日

日本郵便、凸版印刷の「多言語翻訳アプリ」を窓口サービスで導入

凸版印刷は25日、同社の多言語翻訳アプリを、日本郵便が窓口サービスで導入したと発表した。

0426-tp
凸版印刷は、「何度も旅したくなる日本」の実現をコンセプトとする「旅道(たびどう)プロジェクト」の中核として、多媒体展開可能な観光コンテンツ配信基盤「旅道プラットフォーム」と、旅先ならではの多言語動画配信などが可能な観光ガイドアプリ「旅道-TABIDO-」を提供。

今回、観光アプリガイド「旅道」と連携させて提供している多言語翻訳サービスが、日本郵便の窓口サービスで採用された。

日本郵便では、訪日・在留外国人向け窓口サービスの向上を目的に、全国約2万局(簡易郵便局は除く)に配備しているタブレット端末に、凸版印刷が開発した「多言語翻訳アプリ」を導入。4月16日から順次使用開始している。(音声翻訳11言語、テキスト翻訳30言語に対応)

凸版印刷は、NICT(情報通信研究機構)の多言語音声翻訳技術を活用し、昨年4月から音声翻訳サービスを開始。

音声翻訳は自治体、鉄道、ホテル、飲食店など様々な場所で導入が進んでおり、凸版印刷はこれまでに自治体窓口の業務分析、対訳・音声コーパス(音声翻訳システムの基礎になるビッグデータ)の整備などを実施。専門用語や良く使用するフレーズなどの登録を可能にした使用目的に合わせた音声翻訳サービスを提供している。

「多言語翻訳アプリ」は、11言語の音声翻訳が可能。具体的には、日本語<>英語/中国語(普通話)/韓国語/インドネシア語/タイ語/ベトナム/ミャンマー語/ ポルトガル語(ブラジル) /フランス語/ スペイン語。また、テキスト翻訳可能な言語は30言語にのぼるという。

関連URL

「旅道」プロジェクト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス