1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 子どもから大人まで参加できる「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」作品募集中

2018年5月1日

子どもから大人まで参加できる「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」作品募集中

オライリー・ジャパン、プロキッズ、スイッチエデュケーションは、教育用マイコンボード「micro:bit (マイクロビット)」を使った作品のコンテスト「micro:bitでつくってみよう!コンテスト」を開催する。4月27日から作品の応募受付を開始した。

0501-mcb子どもから大人まで、誰でも簡単にプログラムで動いたり光ったりするモノが作れるマイコンボード「micro:bit」を使った作品を募集する。コンテストの目的は「作って楽しむ」こと。日常さまざまなものがプログラムで動いていることを知り、自分で考えたプログラムでモノが動く楽しさを、コンテストを通して多くの人に体験してもらうことを目的としている。

小学生以下の子ども+大人が対象のKids&Family部門、中学生から18歳未満が対象のYoung Maker部門、一般部門 (年齢不問) がある。自由課題 (micro:bitを使った夏休みの自由研究、誰かが喜ぶアイデア道具、アートな作品、驚きの仕掛けなど) や、micro:bitを使った新しい遊び (複数で遊べる遊び、自分だけでできる遊び) を募集している。参加費は無料 (必要な材料・機材は応募者の負担)。

応募条件としてはmicro:bitを使った作品であること。プログラミング環境は不問。センサーなどの部品、Raspberry Piなど他のボードの付加も自由。筐体に使う素材なども問わない。ただし、Maker Faire Tokyo 2018の出展ガイドラインに合致したものであること。

受賞作品は8月4日、5日開催のMaker Faire Tokyo 2018のスイッチサイエンス社ブースで展示するほか、同会場内でグランプリと優秀賞の授賞式を予定している。

応募はプログラミング作品の共有サイト「Paddle」から作品をエントリー。受付期間は4月27日~6月10日まで。なお、micro:bitの基本を知ることができ、作品発想のヒントが得られるmicro:bit体験ワークショップ「micro:bitでロボットサッカーをしよう」を開催する。

ワークショップ開催概要

開催日時 : 5月26日 (土) 13:00~16:00 (12:30開場)
開催場所 : Think of Things  [東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1]
参加費 : 3500円 (税込)
参加定員 : 18名 (申し込み多数の場合は抽選)
参加対象 : 小学生以上 (小学生は保護者の同伴が必要)
申し込み締切 : 5月19日 (土)
持ち物:Wi-Fi接続ができるノートPCを持参のこと

詳細・申込

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス