1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル日本語教育e-learningプラットフォームサイトの試用運転開始

2018年5月15日

デジタル日本語教育e-learningプラットフォームサイトの試用運転開始

AHR JAPAN(台湾)は、台湾グループ会社の日教網路平台有限公司において、「J8日本語大学」オンライン日本語教育プラットフォームのサービス試用運営を5月中に開始する。

d20025-14-677154-5「J8日本語大学」は、同社が独自開発した日本語教育特化型のeラーニングシステム。同システムを無料提供することにより、日本語教師、YouTuber、退職者、子育て中の女性など、誰でも簡単にオンライン教室を開けるようにし、世界の日本語学習者を1億人に増やすことを目指している。

サービスでは、オンラインの特性を生かして管理・データ保存・分析などを自動化。相互評価をし、すべてを可視化することにより、公正な教育水準向上の仕組みを提供する。

同社では、日本語話者や日本文化・日本社会への理解がある外国人材を教育することで「日本と世界を近くしたい!」という想いをサービスという形にしたとしている。

関連URL

J8日本語大学

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録