1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本人向け英語リスニング・スピーキング学習支援サービス開発

2018年5月16日

日本人向け英語リスニング・スピーキング学習支援サービス開発

JSOLとNTTデータ経営研究所は15日、EnglishCentral と共同で、脳科学技術と音声認識技術を使用した日本人向け英語リスニング・スピーキング学習支援サービスの開発を開始したと発表した。

0516-ec
同研究開発では、イングリッシュセントラルが保有する「音声認識技術」と、情報通信研究機構と大阪大学が研究開発した「ニューロフィードバック技術」を使って、英語学習者が自ら気づくことができない発音しにくい音と聞き取りにくい音を視覚的にフィードバックすることで、適切な方向へと学習を指導するトレーニング方法の開発を目指す。

これにより、これまでは漠然と「聞き取れない」「伝わらない」という実感しかなかった英語力について、学習者自身が科学的に裏付けられた方法で改善点を認識し、自らの能力の改善を図ることができるようになるという。

音声認識技術を使ったスピーキングトレーニングでは、学習者が英文を発音した際の音声情報から、発音できていない音素を可視化させ、その音素の発音を重点的にトレーニングする。また、ニューロフィードバック技術を使ったリスニングトレーニングでは、学習者は自身の脳波計測とその視覚的フィードバックを受けて、特定の音素の聞き分け能力を向上させることができる。

開発では、JSOLがユーザー向けアプリケーションの開発および最適なユーザーインターフェイスの検証、ニューロフィードバック技術の適用に当たり、イングリッシュセントラルが学習者ビッグデータの分析、英語スピーキング学習サービスの提供および適用を担当する。また、NTTデータ経営研究所は脳科学技術の活用を中心とした全体のコーディネーションを行う。

成果は、「知覚的運動的な英語能力の基盤」を科学的に効率よくトレーニングする学習支援サービスとして、まずビジネスパーソンを対象として企業向けに展開を予定している。さらに、ニューロフィードバック学習におけるフィードバック方法にはゲーミフィケーションを取り入れ、学習者がより楽しんでトレーニングできるように改良を進めており、その導入を予定している。

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス