1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本人向け英語リスニング・スピーキング学習支援サービス開発

2018年5月16日

日本人向け英語リスニング・スピーキング学習支援サービス開発

JSOLとNTTデータ経営研究所は15日、EnglishCentral と共同で、脳科学技術と音声認識技術を使用した日本人向け英語リスニング・スピーキング学習支援サービスの開発を開始したと発表した。

0516-ec
同研究開発では、イングリッシュセントラルが保有する「音声認識技術」と、情報通信研究機構と大阪大学が研究開発した「ニューロフィードバック技術」を使って、英語学習者が自ら気づくことができない発音しにくい音と聞き取りにくい音を視覚的にフィードバックすることで、適切な方向へと学習を指導するトレーニング方法の開発を目指す。

これにより、これまでは漠然と「聞き取れない」「伝わらない」という実感しかなかった英語力について、学習者自身が科学的に裏付けられた方法で改善点を認識し、自らの能力の改善を図ることができるようになるという。

音声認識技術を使ったスピーキングトレーニングでは、学習者が英文を発音した際の音声情報から、発音できていない音素を可視化させ、その音素の発音を重点的にトレーニングする。また、ニューロフィードバック技術を使ったリスニングトレーニングでは、学習者は自身の脳波計測とその視覚的フィードバックを受けて、特定の音素の聞き分け能力を向上させることができる。

開発では、JSOLがユーザー向けアプリケーションの開発および最適なユーザーインターフェイスの検証、ニューロフィードバック技術の適用に当たり、イングリッシュセントラルが学習者ビッグデータの分析、英語スピーキング学習サービスの提供および適用を担当する。また、NTTデータ経営研究所は脳科学技術の活用を中心とした全体のコーディネーションを行う。

成果は、「知覚的運動的な英語能力の基盤」を科学的に効率よくトレーニングする学習支援サービスとして、まずビジネスパーソンを対象として企業向けに展開を予定している。さらに、ニューロフィードバック学習におけるフィードバック方法にはゲーミフィケーションを取り入れ、学習者がより楽しんでトレーニングできるように改良を進めており、その導入を予定している。

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス