1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BenQ、子どもに優しい抗菌仕様の電子黒板最新モデルをEDIXに出展

2018年5月17日

BenQ、子どもに優しい抗菌仕様の電子黒板最新モデルをEDIXに出展

【PR】
~抗菌・アイケアテクノロジー搭載したベンキュージャパンの電子黒板「RP」シリーズ~

ベンキュージャパンは、5月16日から18日まで東京ビッグサイトで開催中の「第9回教育ITソリューションEXPO (EDIX2018)」において、抗菌仕様の電子黒板を展示している。
同社はこれまでに欧米などで電子黒板を販売してきた実績があり、2018年2月からは、日本でも大型電子黒板の発売を開始した。

高精細4K 抗菌仕様の「RP750K」

高精細4K 抗菌仕様の「RP750K」

高精細4Kの抗菌スクリーンが日本初上陸

紹介されている電子黒板は、高精細4K UHD解像度の65型「RP654K」と75型の「RP750K」の2モデル。いずれも抗菌スクリーンを採用しており、BenQが独自に開発した3つの「アイケアテクノロジー」を搭載しているのが特徴だ。まず、ちらつきを抑制し長時間の使用でも目の負担を軽減するフリッカーフリー機能、睡眠障害などの原因とされるブルーライトを軽減する機能、さらに反射を軽減し文字や画像を鮮明に映すアンチグレアの3つの機能だ。

BenQでは、学校の授業で長時間にわたって電子黒板を使ったり画面を見続けたりする子どもたちに対して、もっと健康を第一に考えた製品が必要だと考え、2013年から研究と開発を続けてきた。その結果、前述したアイケアテクノロジーに加え、2015年にはすべてのモデルが4K UHDに対応し、さらに2017年には、安全な銀イオンでコーティングされた抗菌スクリーンの製品化に至った。これらの機能は、電子黒板だけでなく、同社のディスプレー製品にも搭載されており、「BenQのDNA」として、今後もさらなる研究と開発に努めていくとしている。

NFCやスマホ連携機能で幅広く活用できる

EDIXの期間中、ベンキュージャパンのブースに展示された「RP750K」では、付属のNFCペンで文字や絵の試し書き、データシェア、スマホなどのモバイル端末との連携といった機能を自由に試すことが可能だ。

本体左下には、ホームボタンや設定画面を呼び出すボタンなどが用意されている。

本体左下には、ホームボタンや設定画面を呼び出すボタンなどが用意されている。

NFCセンサーがベゼル下部にあり、NFCペンでタッチすることで、専用のホワイトボードアプリ「EZWrite」画面に切り替えたり、ペンの色を簡単に変更したりできる。

NFCセンサーがベゼル下部にあり、NFCペンでタッチすることで、専用のホワイトボードアプリ「EZWrite」画面に切り替えたり、ペンの色を簡単に変更したりできる。

実際に、付属のNFCペンで文字を書いてみたところ、とてもなめらかな書き心地で、違和感なく描くことができた。

「EZWrite」でのペンの色の選択画面。全12色あり、細かい色分けをする際に便利だ。

「EZWrite」でのペンの色の選択画面。全12色あり、細かい色分けをする際に便利だ。

背景は白地や黒板色の他、方眼、五線など15種類があらかじめ用意されているほか、ユーザーが任意で写真などを表示することもできる。

背景は白地や黒板色の他、方眼、五線など15種類があらかじめ用意されているほか、ユーザーが任意で写真などを表示することもできる。

「RP」シリーズでは、このほか、画面を3分割にして3人の生徒が同時に記入できる機能なども便利だ。また、電子黒板上で作成したデータは、メールやQRコードなどを使って簡単に共有できるほか、音声つきの録画データにすることも可能。

ph6

外部デバイスとの連携も簡単で、AirPlayなどを介して、スマホの画面を表示させたり、スマホに電子黒板の画面を表示し操作させたりすることもできる。

外部デバイスとの連携も簡単で、AirPlayなどを介して、スマホの画面を表示させたり、スマホに電子黒板の画面を表示し操作させたりすることもできる。

これらの豊富な機能は、すべてシンプルな操作だけで直観的に行える。そのため、ICT機器の操作に慣れていない先生でも、比較的簡単に活用することができそうだ。

2万時間使えるレーザー光源プロジェクターも参考出展

ベンキュージャパンのブースでは、電子黒板以外にもプロジェクターがあり、レーザー光源を搭載した新モデル「LH890UST」が参考出展されている。「LH890UST」は4,000ルーメンの明るさで、光源寿命は最大約20,000時間と、従来製品に比べて倍近く寿命が長いのが特徴だ。また投写距離が約8~30センチと短いため、壁にプロジェクターをつけても映像を投写することができる。発売は今夏、予想価格は30万円前後となっている。

レーザー光源プロジェクター「LH890UST」(参考出展)

レーザー光源プロジェクター「LH890UST」(参考出展)

EDIX出展情報

ベンキュージャパン 展示ブース A会場(2階) 24-16

関連URL

ベンキュージャパン

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録