1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アフレル、国際ロボコンの競技用パーツ、コースシートの取扱い開始

2018年5月18日

アフレル、国際ロボコンの競技用パーツ、コースシートの取扱い開始

アフレルは17日、世界50カ国以上が参加する国際ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)の実践練習に最適な競技コース土台、競技専用部品の取扱いを開始したと発表した。

大会指定のロボットキットやブロックセットと併せて利用すれば、ロボコン出場を目指した練習環境が整えられる。新商品は、5月31日までの期間限定で注文を受付けている。

WRO2018 エキスパート競技コース土台

WRO2018 エキスパート競技コース土台

エキスパート競技専用の土台「WRO2018エキスパート競技コース土台」は、内寸2362mm ×1143mm、高さ70±20mm。

WRO2018テトラキューブ

WRO2018テトラキューブ

「WRO2018テトラキューブ」は、WRO Advanced Robotics Challenge(アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ=WRO ARC)で使用する木製のブロックをセットにした商品で、各形状4個ずつある。

WRO ARC参加をサポートするガイドブック 「LabVIEWで動かすmyRIO x TETRIXガイド」は、日本ナショナル・インスツルメンツ社の組込みデバイス「myRIO」に汎用センサーを接続して使用するための教材で、WRO ARC競技での活用も想定し、汎用センサーの使用方法が追加された。価格は1冊2000円(税別)。

また、各競技コースシートの素材は、いずれも「スタンダードターポリン」で、「WRO2018 ミドル競技コースシート」、「WRO2018エキスパート競技コースシート(小学生部門)(中学生部門)(高校生部門)」がある。

各シートの注文受付期間は、5月7日~20日までと、5月21日~6月3日まで。

関連URL

ロボコン用商品の詳細

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス