1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アフレル、国際ロボコンの競技用パーツ、コースシートの取扱い開始

2018年5月18日

アフレル、国際ロボコンの競技用パーツ、コースシートの取扱い開始

アフレルは17日、世界50カ国以上が参加する国際ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)の実践練習に最適な競技コース土台、競技専用部品の取扱いを開始したと発表した。

大会指定のロボットキットやブロックセットと併せて利用すれば、ロボコン出場を目指した練習環境が整えられる。新商品は、5月31日までの期間限定で注文を受付けている。

WRO2018 エキスパート競技コース土台

WRO2018 エキスパート競技コース土台

エキスパート競技専用の土台「WRO2018エキスパート競技コース土台」は、内寸2362mm ×1143mm、高さ70±20mm。

WRO2018テトラキューブ

WRO2018テトラキューブ

「WRO2018テトラキューブ」は、WRO Advanced Robotics Challenge(アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ=WRO ARC)で使用する木製のブロックをセットにした商品で、各形状4個ずつある。

WRO ARC参加をサポートするガイドブック 「LabVIEWで動かすmyRIO x TETRIXガイド」は、日本ナショナル・インスツルメンツ社の組込みデバイス「myRIO」に汎用センサーを接続して使用するための教材で、WRO ARC競技での活用も想定し、汎用センサーの使用方法が追加された。価格は1冊2000円(税別)。

また、各競技コースシートの素材は、いずれも「スタンダードターポリン」で、「WRO2018 ミドル競技コースシート」、「WRO2018エキスパート競技コースシート(小学生部門)(中学生部門)(高校生部門)」がある。

各シートの注文受付期間は、5月7日~20日までと、5月21日~6月3日まで。

関連URL

ロボコン用商品の詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス