1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アフレル、カラーセンサー付き「WROチャレンジを応援!キャンペーン」

2019年6月11日

アフレル、カラーセンサー付き「WROチャレンジを応援!キャンペーン」

アフレルは、国際ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)出場者向けに、HiTechnic社製カラーセンサーなどの特典の付いた「WROチャレンジを応援!キャンペーン」を7月22日まで実施している。

0611-afl
カラーセンサーV2は15色以上の色を識別でき、LEGOブロックをカラーで分類したり、線や面の色の違いを識別してラインに沿って走らせるなど、色に反応するロボットとして動作させることができる。

標準的なLEGOブロックの色に合わせて調整されており、カラーセンサーをブロックの表面にかざすと、そのブロックの色を数値にして返す。また、白色LEDライトで測定対象を照らし、その光の反射を解析して、ソフトウェアが返す色番号を計算するように設計されている。

WROでは、小中高生が教育版レゴ マインドストームEV3を使って自作したロボットで各種競技に挑戦するが、2019年は、WROレギュラーカテゴリー ミドル部門でHiTechnic社のカラーセンサーV2を使用できるようになった。

アフレルでは6月10日~7月22日注文受付分を対象に、カラーセンサーV2などの特典付きのセットが特別価格で購入できるキャンペーンを実施している。

関連URL

キャンペーンの詳細

カラーセンサーV2について

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス