1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 現役エンジニアから学ぶ「Unityゲーム制作コース」を提供開始

2018年5月18日

現役エンジニアから学ぶ「Unityゲーム制作コース」を提供開始

コードキャンプは、現役エンジニアからマンツーマンで学べる「Unityゲーム開発コース」の提供を21日から開始する。

同コースでは、家庭用ゲーム機やPC、スマートフォンアプリ、VRなど、さまざまなプラットフォーム上で動くゲームを開発することができるゲームエンジンのUnityを利用して「初めてのゲーム制作」に挑戦する。

レッスンはすべてビデオ通話を活用したオンライン・マンツーマンで実施し、プログラミングやゲーム開発の初心者でも、自分のペースに合わせて着実に学習を進めスキルを身につけられるように支援する。

レッスン対応時間は平日の18:00~23:40、土日の7:00~23:40。ゲーム制作を始めたくても自宅から通える範囲にスクールがない人や、仕事や学業が忙しくて通学の時間がとれない人でも、すぐに自宅でゲーム制作をスタートさせることができる。

最初は簡単な2Dゲームの制作からスタートし、しだいに難しいゲームへと進めていく。サンプルゲームの制作を通じて、Unityの機能とゲームを作るための知識を身につけていく。受講期間は2カ月 (レッスン回数20回) で料金は14万8000円となっている。

関連URL

Unityゲーム開発コース

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス