1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニーのデジタルペーパーと「Tegaki」がサービス連携

2018年5月8日

ソニーのデジタルペーパーと「Tegaki」がサービス連携

Cogent Labsは7日、同社の「Tegaki」が、ソニービジネスソリューションのデジタルペーパー「DPT-RP1」とサービス連携したと発表した。

d27884-12-778308-0

「Tegaki」は、手書き帳票に書かれた文字をAIで高精度にテキストデータ化するサービス。

今回の連携で、デジタルペーパーで書いた手書き文字をデジタル化するソリューションのプロトタイプを構築し、テストマーケティングを開始する。

ソニービジネスソリューションは、「DPT-RP1」をデジタルペーパー向けに用意された帳票やドキュメントの送付、回収といった制御や管理が可能になる「デジタルペーパー連携サーバーソフトウェア」を利用して「Tegaki」と連携。手書き文字をテキストデータ化し、顧客が利用している様々な基幹システムとの接続を実現する。

これにより、現在、紙で運用されている業務プロセスで発生している、帳票などからシステムへ手作業で入力している作業の工数削減を図り、企業内のペーパーレスを促進させる。

「Tegaki」は、既存技術では自動認識による読み取りが難しくキーボード入力が必要だった手書き文字を、スピーディーに高精度でデータ化。独自開発のAI技術でデータを処理・学習することで、読み取り精度は継続的に向上する。

「DPT-RP1」と「Tegaki」の連携で、手書き文字をデジタル文字に変換した形で業務システムに格納。手書き文字をデジタル文字に変換することで、電子カルテシステムなど既存の業務プロセスにデジタルペーパー「DPT-RP1」を組み込むことも可能。

関連URL

Cogent Labs

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録