1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習データ集約「Studyplus for School SYNC」、デジタル教材「Assist」と連携

2019年10月16日

学習データ集約「Studyplus for School SYNC」、デジタル教材「Assist」と連携

スタディプラスは15日、学習塾で利用されるデジタル教材の学習データを集約する「Studyplus for School SYNC(シンク)」が、青山英語学院の塾向けデジタル教材「Assist(アシスト)」と連携を開始したと発表した。

「Assist」は中学生向けを中心に3万5000コンテンツを提供。今回の連携で、デジタル教材の勉強履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる。

教師は、「Assist」の特徴である、一人ひとりの生徒の理解度に合わせた課題を自動で作成・添削ができ、生徒とのコミュニケーションに時間を割くことができる。

また、「Studyplus for School SYNC」との連携で、これまで対面でしかできなかった学習状況の把握、生徒の学習計画の達成状況の管理やアドバイスといったコミュニケーションが、オンラインでできるようになる。

中学生は高校生よりも密なコミュニケーションが必要な生徒が多く、今回の連携で、「Assist」導入塾の教師が生徒とのコミュニケーションやコーチングで集中できる指導環境を整備。

「Studyplus for School SYNC」は、デジタル教材の利用・進捗状況といった学習データを教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」と、学習管理SNS「Studyplus」に集約することで、教師の管理業務を軽減する。

同時に、紙・デジタルといった教材の種類にとらわれず、生徒の学習データを容易に収集・分析。生徒一人ひとりの進度・モチベーションに合わせて指導するアダプティブラーニングの実現を目指すという。

関連URL

スタディプラス

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi Webセミナー 大好評の東京女子学園講演「ポートフォリオを進路指導に活かす方法」 11.26(火) 開催
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス