1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「Studyplus for School」、AI英会話アプリ「TerraTalk」との連携を決定

2020年5月1日

「Studyplus for School」、AI英会話アプリ「TerraTalk」との連携を決定

スタディプラスは30日、デジタル教材の学習データを集約する「Studyplus for School SYNC(シンク)」が、ジョイズ社のAI英会話アプリ「TerraTalk」と提携することを決定したと発表した。

今回の連携で、「TerraTalk」アプリでの学習履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる。

また、生徒が学習管理SNS「Studyplus」を使って学習進捗を記録することで、教師は生徒の学習状況を把握することができる。生徒の学習計画の達成状況の管理や、計画へのアドバイス・修正なども、オンラインで出来るようになる。

これによって、「TerraTalk」導入校の教師の学習管理業務の負担が軽減されるとともに、教師がオンラインでの指導やコミュニケーションを効果的に実現できる。

今回発表した提携に基づくデータ連携の開始は、2020年中を予定している。

また、新型コロナウイルスの影響で、教育業界でオンライン指導の重要性が高まっていることを受け、急きょ、両社の共同負担という形で、「TerraTalk」を導入する教育・研修機関に、「Studyplus for School」を、5月~8月末まで無償提供する。

「TerraTalk」は、音声認識によるスピーキング演習機能や、定着度に合わせて出題頻度を調節する仕組みがあり、教師やクラスメイトと同じ教室にいない時でも、英語の学習に必要不可欠な実践を、効果的に行うことができる。

生徒が会話した内容は、教師が個別にチェックすることもでき、評価や成績に活用できる。TerraTalkはこれまで、大阪大学をはじめ、全国の教育機関で導入が進んでおり、累計12万人のユーザーを獲得している。

関連URL

「Studyplus for School」

「TerraTalk」

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス