1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学習データ集約の「Studyplus for School SYNC」、ベリタス・アカデミーと連携

2019年10月15日

学習データ集約の「Studyplus for School SYNC」、ベリタス・アカデミーと連携

スタディプラスは10日、同社の「Studyplus for School SYNC(シンク)」が映像授業の「ベリタス・アカデミー」と提携を開始したと発表した。


同社は、学習管理SNS「Studyplus」、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を運営。新たに、学習塾で利用されるデジタル教材の学習データを集約する「Studyplus for School SYNC」をスタートさせ、今回の連携を実施した。

連携する「ベリタス・アカデミー」は、ユナイテッド・インテリジェンス社が全国5500教室の学習塾に展開する、塾向け映像授業サブスク。

今回の連携で、映像授業の再生履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになった。

また、「Studyplus」を使って自宅学習を含め学習進捗を記録することで、教師は「アナリティクス機能」で学習状況を容易に把握できるようになる。

さらに、「プランニング機能」で、生徒の学習計画の達成状況の管理や、計画へのアドバイス・修正をオンラインで時間と場所を選ばずに出来るようになる。

「Studyplus for School SYNC」は、デジタル教材の利用・進捗状況といった学習データを「Studyplus for School」と「Studyplus」に集約することで、教師の管理業務を軽減する。

同時に、紙・デジタルといった教材の種類にとらわれず、生徒の学習データを収集・分析し、生徒一人ひとりの進度・モチベーションに合わせて指導するアダプティブラーニングを実現させることができるという。

関連URL

スタディプラス

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス