1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語総合読解力を測る新テスト「英多読IBT」5月末まで実施

2018年5月9日

英語総合読解力を測る新テスト「英多読IBT」5月末まで実施

日本速脳速読協会 (SRJ) は、同協会が企画開発する「みんなの速読英語」導入教室を対象に、「速さ」×「正確さ」で英語総合読解力を測るテスト「英多読IBT」を5月末まで実施している。

d26897-14-583607-5「英多読IBT」は長文読解を5つのカテゴリーに分け、得意・苦手分野を明確にする。これにより時間内に高得点をとるために必要な力を計測し、全国順位で自らの実力を知ることで、生徒自身のその後の学習に役立てることができるという。

具体的には、30分の制限時間で1問1答形式 (全30問) に回答。難易度の異なる3つのレベルから選択して受検することができ、受検後は、正解数 (正確さ) と速さ (1分間に読める単語数) を掛け合わせた総合結果として、14段階の英多読基礎力を評価した個人成績表が発行される。

実施期間は5月31日まで、WEB受検 (教室のPCで受検) で実施される。

問い合わせ先

SRL(日本速脳速読協会)広報担当
メール:s_mori@speedreading.co.jp

関連URL

英多読IBT

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録