1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語総合読解力を測る新テスト「英多読IBT」5月末まで実施

2018年5月9日

英語総合読解力を測る新テスト「英多読IBT」5月末まで実施

日本速脳速読協会 (SRJ) は、同協会が企画開発する「みんなの速読英語」導入教室を対象に、「速さ」×「正確さ」で英語総合読解力を測るテスト「英多読IBT」を5月末まで実施している。

d26897-14-583607-5「英多読IBT」は長文読解を5つのカテゴリーに分け、得意・苦手分野を明確にする。これにより時間内に高得点をとるために必要な力を計測し、全国順位で自らの実力を知ることで、生徒自身のその後の学習に役立てることができるという。

具体的には、30分の制限時間で1問1答形式 (全30問) に回答。難易度の異なる3つのレベルから選択して受検することができ、受検後は、正解数 (正確さ) と速さ (1分間に読める単語数) を掛け合わせた総合結果として、14段階の英多読基礎力を評価した個人成績表が発行される。

実施期間は5月31日まで、WEB受検 (教室のPCで受検) で実施される。

問い合わせ先

SRL(日本速脳速読協会)広報担当
メール:s_mori@speedreading.co.jp

関連URL

英多読IBT

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス