1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 大手前中高ロボットサイエンス部、ロボットコンテストFLLで世界一

2018年6月4日

大手前中高ロボットサイエンス部、ロボットコンテストFLLで世界一

追手門学院大手前中・高等学校は1日、ロボットサイエンス部のチームが、アメリカで開かれたロボットコンテストFLL世界大会で総合優勝を果たし、世界一となったことを発表した。

「世界一」となったチームのメンバー

「世界一」となったチームのメンバー

FLL (First LEGO League) は、1チーム2~10名の9~16歳の子どもたちが参加する世界最大規模のロボットコンテスト。今年の世界大会は「水循環」をテーマに5月18日から3日間の日程で、アメリカ・カリフォルニア州のレゴランドで開かれ、世界各国から80の代表チームが集まったという。

コンテストは、①チームが製作した自走式ロボットを競技フィールドで操り、ミッションと呼ばれる20個の課題を2分30秒の制限時間内にクリアした数を競い合う「ロボットゲーム」と、②製作したロボットのデザインや水循環に関する自由研究課題、チームワークを英語で説明する「プレゼンテーション」で構成され、合計得点で総合順位が決まる。

生徒9名からなる追手門大手前チームは、昨年に続く2度目の出場となる。「ロボットゲーム」では、世界トップレベルの18個の課題をクリアできるロボットを開発し、535点満点中、世界5位となる410点を獲得した。また「プレゼンテーション」では、「納豆菌を使った水質浄化剤の製作」を自由研究課題として発表し注目を集めたほか、ロボットデザインとチームワークについても高い評価を得た。審査の結果、プレゼンテーションの内容について特に高い評価を得て、総合優勝(世界一)を果たしたという。

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録