1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」のビーコン対応モデルを発表

2018年6月13日

ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」のビーコン対応モデルを発表

ノバルスは12日、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」について、ビーコン(Beacon)に対応した「MaBeee ビーコンモデル」を発表した。

0613-mb

ビーコンモデルイメージ

「MaBeee ビーコンモデル」は、身の回りの乾電池を利用した製品をビーコン化することより、ビーコン受信機に近接したときに自動的に何らかの情報を伝達したりなどのアクションを起こすことが可能になる。

「MaBeeeビーコンモデル」の特徴は、単3電池形状のMaBeeeに単4乾電池を装着して利用する形状のため、安価な電池を利用でき、また容易に電池交換が可能であること、加えて身の回りの乾電池を利用した製品の乾電池ボックスに装着して利用することで、乾電池製品自体をビーコン発信機として利用することができる点などがある。

店頭販促/導線管理、紛失防止、子供の見守りでの位置情報補正や、輸送物管理、さらには入退室管理など幅広い用途を想定している。

関連URL

ノバルス

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録