1. トップ
  2. 学校・団体
  3. WDLC、micro:bitの無償提供を200団体に拡張、追加募集を開始

2018年7月18日

WDLC、micro:bitの無償提供を200団体に拡張、追加募集を開始

ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム (WDLC) は、学校のプログラミング教育を応援するプロジェクトにおいて、micro:bitの無償提供を100団体から200団体へ拡張し、17日から追加募集を開始した。

d20208-4-314611-1同プロジェクトでは、プログラミング教育をいち早く取り入れたい小学校/教育委員会100団体にmicro:bitを20個ずつ、合計2000個を無償提供するとして、6月20日~7月6日の期間で参加団体を募集し累計135件の応募を得た。地域別で見ると、北海道、東北、九州の応募が少なかったという。

d20208-4-781634-2そこでWDLCでは、地域ごとのプログラミング教育に関する取り組み状況の差を埋め、全国の小学校におけるプログラミング教育のさらなる浸透と拡大を目指して、micro:bitの無償提供を当初の100団体から200団体に拡張することとした。同時に、「MakeCode×micro:bit 200プロジェクト」と名称を変更し、追加募集を開始した。追加の募集締切は今月31日まで。

プロジェクトでは、WDLC開発の「プログラミング教育授業案」やサンプルコードを参考に、各小学校や教育委員会が独自に授業を実践する。授業の模様はWDLCへ実施報告書として提出してもらい、これを新たな「プログラミング教育授業案」として、実践したプログラミングコードや実施報告書をサイト上に公開する。これにより「プログラミング教育授業案」を起点に、学校現場で新たなアイデアとケーススタディが蓄積されることを目指している。

WDLCは17日、林芳正 文部科学大臣へ表敬訪問を行い、同プロジェクトの活動内容と今後の取り組みに関して報告を行ったという。

関連URL

MakeCode×micro:bit 200プロジェクト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス