1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スポーツコミュニケーションシステム「SPOCOMM」今秋発売

2018年7月26日

スポーツコミュニケーションシステム「SPOCOMM」今秋発売

しくみデザインは25日、スポーツセンシングと共同開発した新機軸のスポーツコミュニケーションシステム「SPOCOMM」(スポコム)を、9月下旬に発売すると発表した。

d23556-37-837214-0「SPOCOMM」は、コンパクトな専用サーバーと、付属する複数台のスマートフォンからなる新機軸のスポーツコミュニケーションシステムで、タッチインターフェースを活かしたスポーツコミュニケーション手段を提供する。

従来のスポーツ向けコミュニケーションシステム同様の音声の一斉送信はもちろん、画像や手描きイラストを用いたビジュアルコミュニケーションもできる。

スポーツセンシングが手掛けてきた心拍センサや加速度センサをはじめとする無線センサデバイスや、スポーツタイマーなどとの連携も可能。チーム運営からゲーム分析(戦術分析)まで、スポーツにおける幅広い用途に対して、明確にゴールやストラテジーを共有できるようになる。

また、専用サーバーとスマートフォンを組み合わせたオールインワンパッケージを提供することで、煩雑な設定などの作業が不要となり、携帯電話回線や会場のWiFiに依存することなく安定した通信環境で利用することができる。

関連URL

しくみデザイン

スポーツセンシング

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス