1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マテルと静岡大、知育玩具活用した「プログラミング教育カリキュラム」

2018年7月2日

マテルと静岡大、知育玩具活用した「プログラミング教育カリキュラム」

玩具メーカーであるマテル社(米国)の日本法人マテル・インターナショナルと静岡大学は、プログラミング知育玩具「コード・A・ピラー」を教材に活用した小学生向けプログラミング教育導入カリキュラムの提供を、7月9日から開始する。

d12996-156-567620-7「コード・A・ピラー」は、3歳から始められるイモムシ型のプログラミングおもちゃ。1930年に誕生したマテル社のベビートイブランド「フィッシャープライス」から、2016年9月16日に発売された。

「前進」「右折」「左折」「サウンド」など様々な仕掛けがコーディングされたイモムシの頭部や胴部となるパーツをつなぎ合わせると、つなぎ合わせたパーツの順番通りにイモムシを動かすことができる。

同社は昨年11月から、静岡大教育学部学校教育講座の塩田真吾准教授らと、「コード・A・ピラー」を自分の意図したように動かすために試行錯誤を重ね、どのようにゴールまで辿り着けるか、ゴールまでどんなルートが考えられるかなどの論理的思考を育むカリキュラムの開発研究を行ってきた。

今回開発されたカリキュラムは、本格的なプログラミング授業を導入する際に、PCを使用する必要がない上にリーズナブルな価格で購入でき、児童たちがグループワークで議論しながらプログラミングを学ぶことができる教育パッケージ。

関連URL

プログラミングロボ コード・A・ピラー

教材カリキュラム(提供日7月9日から)

教材カリキュラム利用に伴うコード・A・ピラーの貸出し

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録