1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マテルと静岡大、知育玩具活用した「プログラミング教育カリキュラム」

2018年7月2日

マテルと静岡大、知育玩具活用した「プログラミング教育カリキュラム」

玩具メーカーであるマテル社(米国)の日本法人マテル・インターナショナルと静岡大学は、プログラミング知育玩具「コード・A・ピラー」を教材に活用した小学生向けプログラミング教育導入カリキュラムの提供を、7月9日から開始する。

d12996-156-567620-7「コード・A・ピラー」は、3歳から始められるイモムシ型のプログラミングおもちゃ。1930年に誕生したマテル社のベビートイブランド「フィッシャープライス」から、2016年9月16日に発売された。

「前進」「右折」「左折」「サウンド」など様々な仕掛けがコーディングされたイモムシの頭部や胴部となるパーツをつなぎ合わせると、つなぎ合わせたパーツの順番通りにイモムシを動かすことができる。

同社は昨年11月から、静岡大教育学部学校教育講座の塩田真吾准教授らと、「コード・A・ピラー」を自分の意図したように動かすために試行錯誤を重ね、どのようにゴールまで辿り着けるか、ゴールまでどんなルートが考えられるかなどの論理的思考を育むカリキュラムの開発研究を行ってきた。

今回開発されたカリキュラムは、本格的なプログラミング授業を導入する際に、PCを使用する必要がない上にリーズナブルな価格で購入でき、児童たちがグループワークで議論しながらプログラミングを学ぶことができる教育パッケージ。

関連URL

プログラミングロボ コード・A・ピラー

教材カリキュラム(提供日7月9日から)

教材カリキュラム利用に伴うコード・A・ピラーの貸出し

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス