1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東京工科大、ソフトウェア会社と連携して「ゲーム制作の実践授業」開始

2019年4月10日

東京工科大、ソフトウェア会社と連携して「ゲーム制作の実践授業」開始

東京工科大学メディア学部は9日、ゲームの音声・映像開発用ソフトウェアを手がけるCRI・ミドルウェアと連携して、実践的なゲーム開発を行う授業を4月から開始すると発表した。

今回の取り組みは、同メディア学部の演習科目「プロジェクト演習:インタラクティブ・ゲーム制作<サウンド>」として導入されるもの。

同社のエンジニアを講師に、ゲームサウンド開発のデファクトとなっている統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」の実践演習を取り入れた形式で行う。

2019年度前期の全15コマ(22.5時間)で、ツールの使い方から最終製品への組み込みまで理解できるカリキュラムを予定している。また同講義では、同社の協力で演習用のソフトウェアを無償提供してもらう。

1999年に設置された同メディア学部は、世界最大のゲーム開発ハッカソン「グローバルゲームジャム(GGJ)」に10年前から参加するなど、いち早くゲーム開発の総合人材の育成に取り組んでいる。

授業概要

受講対象:メディア学部の2、3年生を中心とした約15人
科目名:プロジェクト演習III、V(インタラクティブ・ゲーム制作<サウンド>)
期 間:2019年度前期(4月11日〜7月26日)
演習講師:CRI・ミドルウェア エンジニア・日置優介氏
担当教員:伊藤彰教メディア学部特任講師、三上浩司メディア学部教授

関連URL

東京工科大学

CRI・ミドルウェア

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス