1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CA Tech Kids、プログラミング学習参考書を全国の小学校などへ寄贈

2018年7月5日

CA Tech Kids、プログラミング学習参考書を全国の小学校などへ寄贈

CA Tech Kidsは4日、同社が監修した小学生向けのプログラミング学習参考書『サイバーエージェント公式 こどもプログラミング 超入門』(小学館) を、全国の小学校や児童施設などの図書室に計100冊寄贈することを発表した。

2018_0704

同書は、60分で1つの迷路ゲームを完成させることができる1冊完結型のプログラミング参考書。PC操作に慣れていない子どもやプログラミング未経験の子どもでも、意欲的に取り組むことができるように設計されている。

子ども向けプログラミング学習ソフトScratchを使い、子どもが直感的に取り組めるよう、テキストよりも図を中心に解説している。図解通りにブロックを組み立てて迷路ゲームを創作しながら、プログラミングに必要な機能分解の考え方を学ぶことができるようになっている。

また、サイバーエージェントのゲーム事業部で活躍するプログラマーやゲームクリエイターのインタビューを掲載し、仕事内容やゲームができるまでの制作過程などについてもわかりやすく紹介している。プログラミングスキルを活かす職業の一例としてゲームクリエイターの仕事を紹介することで、子どもたちのプログラミング学習への関心がいっそう高まることを期待している。

全国学校図書館協議会が全国の小中高校の学校図書館に対して推薦する選定図書に、同書が選ばれたことを記念し、子どもたちがプログラミングに関心を持ち、最初の一歩を踏み出すきっかけとなることを願って、希望する小学校や児童施設などの図書室100カ所へ寄贈することを決定した。

寄贈の対象は、日本国内の小学校、病院、児童施設などの図書室。個人利用の申し込みは無効とする。申し込みは同社の公式サイトから。締切は9月末。先着100施設が決まり次第、受付を終了する。

関連URL

寄贈の希望申込

『サイバーエージェント公式 こどもプログラミング 超入門』

CA Tech Kids

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス