1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 旺文社ベンチャーズ、EdTechに特化したファンドを組成

2018年7月5日

旺文社ベンチャーズ、EdTechに特化したファンドを組成

旺文社ベンチャーズは、EdTechに特化した10億円のファンドを5月に組成し、翌6月から本格的に活動を開始した。

●世界のEdTechスタートアップ資金調達推移

世界のEdTechスタートアップ資金調達推移

同ファンドは運用総額10億円、投資期間5年、運用期間10年で、出資規模は主に数千万~5000万円を想定。さらに、旺文社や提携・関連企業のアセットを活用して、国内外のEdTechスタートアップ企業と共に、イノベーションを加速させていく。

旺文社ベンチャーズは、単に資金を提供するだけでなく、旺文社や提携・関連企業が長年培ってきた教育分野のノウハウ、参考書など膨大な学習コンテンツ、学習プラットフォーム、チャネルなどを活用し、「共に育む」事業を推進する。

学習コンテンツの制作や教育現場へのネットワークなどスタートアップ企業がかかえる課題を解決し、新しい価値をよりスピーディーに創造できるようにサポートする。

主に認知科学、教育用ロボット、AI、VR、ARなどの技術を活用したEdTechや、教育分野でのAdTechを対象に、旺文社や提携・関連企業との事業シナジーを考えて出資する方針。

また、必ずしも、短期的に事業シナジーが見込めない場合であっても、長期的な視点で将来性がある場合には積極的に投資していくという。

海外については、提携企業のEduLab(エデュラボ)と連携し、中国やインド、シンガポールなどのアジア圏、北米など世界の市場に投資領域を広げていく。

また、世界最大級のEdTechスタートアップコンペティション「The Global Edtech Startup Awards(GESA)」の本年度日本予選を主催しているEduLabと連携し、有望なEdTechスタートアップ企業の発掘・支援をする。

関連URL

旺文社ベンチャーズ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス