1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 旺文社、子ども向けデジタル教材の開発・運営を行うワンダーラボ社に出資

2021年3月22日

旺文社、子ども向けデジタル教材の開発・運営を行うワンダーラボ社に出資

旺文社は、旺文社ベンチャーズが運営するファンドを通じて、STEAM教育領域の子ども向けデジタル教材の開発・運営を手掛けるEdTechスタートアップの「ワンダーラボ」に出資したと19日に発表した。

ワンダーラボの思考力育成アプリ「シンクシンク」は、抽象的思考の土台となる思考センスを育てるプロダクトで、150カ国の延べ150万人が利用。特にカンボジア国内の児童を対象に、JICA・慶應義塾大学中室研究室と共同で行った実証実験では、学力と非認知的能力の両面で高い効果が確認されている。

また、STEAM教育領域の通信教育教材「ワンダーボックス」もスタート。デジタルアプリとリアルキットの組み合わせで、「考える」だけでなく、「感じる」「作る」ことで、思考力に加え、表現力や創造力の育成も期待できる。

旺文社は、今回の出資を通じて、ワンダーラボと連携を進めていく方針で、STEAM・非認知的能力を育むプロダクトと、旺文社が培ってきた学習コンテンツ・サービスや営業チャネルなどの資産を有機的に組み合わせ、支援を推進していく。

旺文社ベンチャーズは、旺文社のコーポレートベンチャーキャピタルとして、2018年4月に設立。スタートアップ企業と旺文社および提携・関連企業が連携することで、EdTech分野でのイノベーションを創出する。

関連URL

ワンダーラボ

旺文社ベンチャーズ

旺文社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス