1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ワンダーラボ、STEAM領域の新しい通信教育サービス「WonderBox」を発表

2020年2月13日

ワンダーラボ、STEAM領域の新しい通信教育サービス「WonderBox」を発表

ワンダーラボ(旧:花まるラボ)は12日、アプリとキットを組み合わせたSTEAM教育領域の新しい通信教育サービス「WonderBox(ワンダーボックス)」を発表した。

ワンダーボックスは、毎月届くキット(パズルやワークブックなど)と、週次・月次で変化が起こる専用アプリを組み合わせて学ぶ、新しいスタイルの通信教育。

常に10以上のコンテンツによって構成され、プログラミング、アート、ボードゲーム、パズルなど、STEAM教育領域を横断する教材を多数扱うため、多種多様なテーマから子ども自身が興味関心に沿って自由に学ぶことができる。

単なる教科学習の補助教材ではなく、子どもの意欲を引き出し、感性と思考力が自然と育っていくことを目的とした教材。多くのコンテンツが、ゆるやかな誘導を経て、最終的には正解のない自由な創作に行き着くように設計されている。

教育コンテンツ制作のプロチーム「ワンダーラボ」が制作。開発する思考力育成アプリ「シンクシンク」は、国内外で受賞多数、150カ国に延べ100万ユーザーを獲得している。ワンダーボックスには、シンクシンクから厳選したコンテンツも多数収録されている。

ワンダーボックス概要

発表・先行受付開始:2月12日
サービス開始:4月
形式:通信教育(郵送されるキット、専用アプリを組み合わせた教材)
価格:月々3700円〜(税込)
対象年齢:4~10歳
詳細

関連URL

ワンダーラボ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス