1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育支援の「アフレル」×センシング技術の「新光電子」、製品販売で提携

2020年2月13日

教育支援の「アフレル」×センシング技術の「新光電子」、製品販売で提携

アフレルは12日、新光電子と、やわらかさを数値化できるセンサー「SOFTGRAM(ソフトグラム)」の昇降装置として、コンパクトで高精度な小型ロボットアーム「DOBOT Magician(ドボット マジシャン)」を組み合わせた新製品の販売で提携した、と発表した。

両社は、SOFTGRAMとDOBOTを併せて使用することで、やわらかい素材や食品などのやわらかさを簡単に再現性高く計測できるようにし、やわらかさの正確な計測を必要とする医療、化粧品、その他検査・品質管理部門をはじめ、様々な分野へ新たなソリューションを提供していく。

アフレルの「DOBOT Magician」は、基礎的なロボットアームの学習から4軸制御で発展した制御ができる卓上サイズの小型ロボットアーム。

15万円前後の価格帯ながら、取り換え可能なツールヘッドとして、グリッパー、吸盤キット、ライティング&ドローイング、3Dプリンタなどがあり、位置繰返し精度0.2mmの高精度で、正確で繊細な作業ができる。

一方、新光電子の「SOFTGRAM」は、これまで曖昧だった「やわらかさ」という感覚を簡単に数値化できるセンサーで、2019年2月1日に新発売された。

従来、はかりに組み込み、長期安定性・丈夫さで好評だった音叉の原理を利用した、新光電子独自のセンシング方式「EVERTONE SENSING」で、肌や筋肉、食品などのやわらかさをいつ、どこでも、誰でもかんたんに正しく数値化することを目指した。

職人技の触感が求められている化粧品や食品、素材などの「やわらかさ」の違いを、誰でも簡単にヤング率という物理量で見える化できる。

同製品の詳細は、3月16日~18日に東京ビッグサイト南展示棟全館で開催される医療機器展示会「Medtech Japan」で初めて展示・紹介される予定。正式販売は、新光電子が4月から開始する。

関連URL

「DOBOT Magician」

アフレル

「SOFTGRAM」

新光電子

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス