1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「リトルプラネット」、デジタル時代の遠足・校外学習を応援

2020年2月13日

「リトルプラネット」、デジタル時代の遠足・校外学習を応援

次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を運営するプレースホルダは、より多くの子どもたちに最新デジタル技術に触れる機会を提供するため、4月1日から学校団体の入場料を改定する。

リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激するファミリー向けテーマパーク。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに「未来のアソビ」を提供しており、デジタル時代の遠足・校外学習などの場として活用できる。また、パークはいずれも大型ショッピングモール内にあり、天候に左右されず安心して過ごすことができ、大型バスによる送迎やパーク内での昼食にも対応している。

今春から、文部科学省・厚生労働省・都道府県・市町村の認可を受けている学校や保育施設(保育園、幼稚園、小学校、特別支援学校など)における17歳以下の子どもを引率する公式行事を対象に、子ども1名の入場料(最長3時間まで利用可能)を1400円から900円(税込)に改定する。

リトルプラネットが定める平日(祝休日や夏休みなどの長期休暇期間を除く)が対象日となり、今年3月オープン予定の「リトルプラネット ららぽーと和泉」を含む、全国の常設10パークで実施する。

引率の教員、看護師、カメラマンは無料。親子遠足など保護者同伴の場合は大人1名につき900円(税込)となる。

関連URL

「リトルプラネット」

団体予約専用サイト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス