1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 昭文社、教員のアイデアから生まれた「通学路安全支援システム」をリリース

2020年2月13日

昭文社、教員のアイデアから生まれた「通学路安全支援システム」をリリース

昭文社は12日、現場の教員のアイデアから生まれた、学校の通学路の安全確保を支援する新製品「通学路安全支援システム」をリリースした。

これまで地図を活用したシステムは高額な開発費が必要だったが、この「通学路安全支援システム」は、同社の地図アプリ開発技術と電子地図ソフトの利用を組み合わせることで、導入しやすい提供価格を実現した。

利用方法もPC端末にインストールするだけ。誰でも簡単に使えるパッケージ型のソフトウェアになっている。インターネット通信も一切不要で、情報漏洩のリスクも大きく軽減され、安心して使用できる。

児童の氏名や自宅住所と定期点検によって確認された危険箇所を同システム上に登録することで、リスクの高い通学路を通る児童が瞬時に地図上に展開される。

横断歩道やガードレールを設置したり110番の家を設置するなど、事件・事故を未然に防ぐスムーズな対応・対策ができる。

また、学校などで設定している通学路だけでなく、児童の自宅から学校に至るまでの経路を登録することで、特にリスクが高まる一人通学の区間などを念頭に置いた危険箇所の抽出もできる。

地図上に表示される情報は登録内容に応じて切り替えられ、例えば、学年別に表示することで帰宅時間が異なる場合のシミュレーションが行えるなど、より実態に即したリスクの可視化と分析、対策ができる。

さらに、登録された情報はCSVファイルや画像として出力でき、校内や各家庭への情報共有や通学路点検時の報告書作成業務の効率化にも役立てられる。

販売開始は2月12日で、価格は5万円(税抜)。同システムの動作には、同社の電子地図ソフト「スーパーマップル・デジタル」が必要。

関連URL

「通学路安全支援システム」

昭文社

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス