1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アフレル、教育機関向け「仕分けの自動化を実現するAIロボットアーム」発売

2020年5月12日

アフレル、教育機関向け「仕分けの自動化を実現するAIロボットアーム」発売

アフレルは11日、AIを用いた画像認識技術を使い、部品・商品を自動仕分けする小型ロボットアーム「DOBOT Magician」のセットを新発売した。

このセットは、AI自動制御を学ぶ高等専門教育機関に向けた産学応援対応のほか、工場などでの仕分け現場での活用の2タイプがある。

教育機関向けのセットは、AIを使った画像認識による小型ロボットアームを活用した、画像認識、仕分けシステム制御、機械学習、深層学習(Deep Learning)を学ぶ内容。

セット内容は、小型ロボットアーム「DOBOT Magician」、解説書、解説動画、自動認識用WEBカメラ、AI制御サンプルプログラムで、対象は大学、専門、高等専門学校の工学系、情報系。

新発売記念の「AI仕分け自動化&学習推進キャンペーン」を、7月20日までの期間限定で実施しており、標準価格16万8900円(税込18万5790円)の「教育機関向けセット」を、特別価格 16万3200円(税込17万9520円)で販売。

「DOBOT Magician」は、基礎的なロボットアームの学習から4軸制御で発展した制御まで可能な、卓上サイズの小型ロボットアーム。

15万円前後の価格帯ながら、取り換え可能なツールヘッドとして、グリッパー、吸盤キット、ライティング&ドローイング、3Dプリンタなどがあり、位置繰返し精度0.2mmの高精度で、正確で繊細な作業を実現。

プログラミング言語「Python」で動作させることができ、tensorflow、keras、opencvなどのライブラリーを利用し、画像認識・機械学習(CNN)・深層学習(Deep learning)といった技術を活用できる。

関連URL

教育機関向けセット

製造業・流通業向けセット

アフレル

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス