1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アフレル、教育機関向け「仕分けの自動化を実現するAIロボットアーム」発売

2020年5月12日

アフレル、教育機関向け「仕分けの自動化を実現するAIロボットアーム」発売

アフレルは11日、AIを用いた画像認識技術を使い、部品・商品を自動仕分けする小型ロボットアーム「DOBOT Magician」のセットを新発売した。

このセットは、AI自動制御を学ぶ高等専門教育機関に向けた産学応援対応のほか、工場などでの仕分け現場での活用の2タイプがある。

教育機関向けのセットは、AIを使った画像認識による小型ロボットアームを活用した、画像認識、仕分けシステム制御、機械学習、深層学習(Deep Learning)を学ぶ内容。

セット内容は、小型ロボットアーム「DOBOT Magician」、解説書、解説動画、自動認識用WEBカメラ、AI制御サンプルプログラムで、対象は大学、専門、高等専門学校の工学系、情報系。

新発売記念の「AI仕分け自動化&学習推進キャンペーン」を、7月20日までの期間限定で実施しており、標準価格16万8900円(税込18万5790円)の「教育機関向けセット」を、特別価格 16万3200円(税込17万9520円)で販売。

「DOBOT Magician」は、基礎的なロボットアームの学習から4軸制御で発展した制御まで可能な、卓上サイズの小型ロボットアーム。

15万円前後の価格帯ながら、取り換え可能なツールヘッドとして、グリッパー、吸盤キット、ライティング&ドローイング、3Dプリンタなどがあり、位置繰返し精度0.2mmの高精度で、正確で繊細な作業を実現。

プログラミング言語「Python」で動作させることができ、tensorflow、keras、opencvなどのライブラリーを利用し、画像認識・機械学習(CNN)・深層学習(Deep learning)といった技術を活用できる。

関連URL

教育機関向けセット

製造業・流通業向けセット

アフレル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス