1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ライブ・コミュニケーションサービス「SYMFLOW」、無料お試しキャンペーン

2018年8月31日

ライブ・コミュニケーションサービス「SYMFLOW」、無料お試しキャンペーン

IT&BASIC Japanは30日、千葉・幕張オフィスのオープンを記念して、同社のライブ・コミュニケーションサービス「SYMFLOW」の無料お試しキャンペーンを、9月1日~10月31日まで実施すると発表した。

d35409-4-987393-0本社であるIT&BASICは2014年に韓国のソウルにて設立され、カンファレンスや学校現場、イベントなどで活用できるオーディエンス向けのアンケートツール「SYMFLOW」を提供している。アプリのダウンロードなしにスマートフォンやタブレット、PCから専用のURLにアクセスすることで、講演者に質問や自由な意見を投げかけることができる。

キャンペーンの対象は、Eメールや電話などで同社に「SYMFLOW」の申込相談をした顧客。最大200人までの参加者規模で利用できるアカウントを1つ、機能制限なしで無料提供する。

「SYMFLOW」は会議室、教室など人々が集まった現場で、スマートフォンで簡単にアンケートや質疑応答、資料のシェアがリアルタイムでできるビッグデータ分析基盤クラウドサービス。

従来の方法に比べて、様々な形のアンケートやQ&Aができ、速い集計で結果がすぐ確認できる。2017年には韓国政府が主催した「青年企業人賞」で総務省大臣賞に値する「科学技術情報通信部長官賞」を受賞した。

韓国では2015年からリリースされて、サムスン電子、LG、現代、SKグループといった、大手の企業をクライアントとして、企業研修や社員教育で導入されている。

日本の法人であるIT&BASIC Japanは、2017年11月に設立され、2018年から本格的に事業を展開。現在、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科と法政大学社会学部、日本語教育進興協会、KAI日本語スクールなどの教育機関や、組込みシステム技術協会のIoT技術高度化委員会とパナソニック社主催の「未来言語ワークショップ」といったセミナー現場などで幅広く導入されている。

関連URL

SYMFLOW

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス