1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 小学生向け無料体験会「日本CA プログラミングDay in 世田谷」10月27日開催

2018年9月10日

小学生向け無料体験会「日本CA プログラミングDay in 世田谷」10月27日開催

日本CA(CA Technologies)とICT教育ニュースは、デジタルポケットの協力で、小学生と保護者のための無料プログラミング体験会「日本CA プログラミングDay in 世田谷」を、10月27日に東京世田谷のIID 世田谷ものづくり学校で開催する。

ca pd#12020年から、プログラミングが小学校で必修化されることになっているが、実際にプログラミングって何?どんなことするの?と疑問を持つ保護者も多い。そこで、日本CAとICT教育ニュースでは、キーボードやマウスを使わなくてもタブレットだけでプログラミング体験が出来る「Viscuit(ビスケット)」を使った無料体験会を開催することで、子どもたちや保護者にプログラミングに触れてもらえる機会を提供することにした。

Viscuitは原田ハカセが開発したとても簡単なプログラミング言語。「メガネという仕組みたった一つだけで単純なプログラムからとても複雑なプログラムまで作ることができます。仕組みは単純ですが組み合わせ方が様々なので複雑なことができるのです。ビスケットを使うとアニメーション・ゲーム・絵本などを簡単に作ることができます。ビスケットを使いこなすには難しいことを覚える必要はありません。だれでもプログラミングの楽しさと可能性を感じ取ることができるでしょう。さあ、いっしょにプログラミングを楽しみましょう」と原田ハカセも、楽しみながらプログラミングを学ぶ事を期待している。

小学生であれば、プログラミング未経験者でも楽しく学べる体験会。保護者も見学して一緒に楽しく学んで欲しい。

参加対象は小学1年生~4年生を対象にしているが、5~6年生も参加可能。ただし、内容は全員同じとなっている。

今回ICT教育ニュースと協働でイベントを開催するCA Technologies(米国ニューヨーク州)は、メインフレームをはじめ、物理環境から仮想環境、クラウドに至るまで、あらゆるIT環境における専門知識と豊富な実績を有する IT マネジメント・ソフトウェア / ソリューション・ベンダ。CA Technologies は世界45カ国に1万2700名の従業員を有し、グローバルフォーチュン500の大半を顧客とするグローバル企業。CA Technologies が提供するソリューションは、IT環境を管理し、安全確保を行うための手段を提供することで、ユーザーが ITサービスを柔軟に行えるよう支援している。

開催概要

申込サイトのQRコード

申込サイトのQRコード

開催日時:2018年10月27日(土)
第1回 13:00~(受付12:45)
第2回 15:00~(受付14:45)
開催場所:IID 世田谷ものづくり学校 3階 2-A教室 [東京都世田谷区池尻 2-4-5]
アクセス
参加資格:小学1年生~4年生(必ず保護者が同伴してください) *5~6年生も参加可
参加人数:各回20名
参加費:無料
参加条件:ICT教育ニュースが取材します。顔写真がICT教育ニュースの記事、広報、PR等に使用されることがあります。承知の上、参加願います。

詳細・申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス