1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. MetaMoJi、書いたり消したりできる新発想の巻物型カレンダー発売

2018年9月25日

MetaMoJi、書いたり消したりできる新発想の巻物型カレンダー発売

MetaMoJiは、ホワイトボードのように書いたり消したりできる新発想の巻物型カレンダー「ロールカレンダー 2019」の先行予約販売を、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で、11月8日18:00まで行う。

d4007-234-696204-2このカレンダーは、手書きノートアプリ「7notes」、手書きカレンダーアプリ「Palu」、スマートフォン用タッチペン「Su-Pen」を手掛けた同社の開発責任者が、あえてアナログにこだわり企画設計した商品。

いつでも何気なくスケジュールを確認、共有できるカレンダーとしての要件を突き詰めた結果、今回の「巻物型」「ホワイトボード機能」という形に行きついたという。

市販のホワイトボードマーカーを使うことで、自由に書いたり消したりできる。カレンダー用紙には、欧文印刷の「消せる紙印刷」(特許取得)を使用。

巻物のように巻いたり伸ばしたりすることで、表示期間を約1カ月間~6カ月間まで変えられる。過去月に戻って表示することも簡単にできる。

月が替わるごとに途切れることなく、複数月を連続した日付としてスケジュール確認できる。掲示場所から会議室などへ、気軽に持ち運べる。

サイズは横幅約50cm、縦幅約60~180cm、奥行約4cmで重さ約530g。11月13日からの一般販売では本体(1個)3888円(税込)。

関連URL

ロールカレンダー 2019

Classi 教育改革期におけるICT活用を考える会 10.27(土)東京会場にて開催!
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス