1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 全国小中生プログラミング大会、1次審査通過した30作品発表

2018年10月11日

全国小中生プログラミング大会、1次審査通過した30作品発表

全国小中学生プログラミング大会(JJPC)実行委員会は10日、「第3回全国小中学生プログラミング大会」に応募した282作品の中から、1次審査を通過した30作品を発表した。

第一次審査通過作品(全30作品、作品50音順)

第一次審査通過作品(全30作品、作品50音順)

夏休み期間の開発を想定した7月1日~9月5日までの募集期間中、北海道から沖縄まで、そして小学 1年生から中学3年生まで、粒ぞろいでバラエティに富んだ多数の作品が寄せられたという。

応募作品数282件は、昨年開催した第2回(167作品)の1.7倍。今年、同大会と連携している「U-22プログラミング・コンテスト」では、歴代最多の応募数となる460作品の応募があり、両コンテストで合計742作品の応募となった。

「CrazyDriveVR」(小5)、「もしもボックス」(小6)、「手話通訳ロボット」(中3)など1次審査で選ばれた30作品の中から、大会審査員による第2次審査によって10作品程度まで選出したのち、10月21日に開催される最終審査会でグランプリなどの各賞が決まる。

イベント開催概要

開催日程:10月21日(日)
開催会場:TEPIA[東京都港区北青山2-8-44]
開催内容:
12:00~16:30ヤングプログラマーズ・デイ 2018
16:50~17:30全国小中学生プログラミング大会表彰式
17:40~18:20 U-22×JJPC合同パネルディスカッション「IT×教育 質問・相談室」

詳細

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス